ワンポールテントを女性1人で設営するコツとたたむコツ【エクスカーションティピー編】

簡単テント!エクスカーションティピーがオススメな理由と女性1人でたてるコツ

コールマンから販売されているティピー型テント「エクスカーションティピー/325」

大きすぎず小さすぎず、軽くて安くて設営も簡単なので、女性やファミリーで使うのにオススメしたいテントです。

そんなワンポールテント、背の低い女性でも1人で設営して片付けられるコツを発見したので、動画と画像でご紹介したいと思います!

DODのビッグワンポールテントなど、他のワンポールテントにも、このコツは使えると思います!

目次

ワンポールテントを女性1人で設営するコツ

まず、エクスカーションティピーに最初に入っているセットです。

エクスカーションティピー

収納ケースにインナーテントとフライシート、ペグが15本、ガイロープが5本入っています。

約6kgしかないので、女性1人でも持ち運びできます。

ワンポールテントのたて方のコツ

インナーテントのみ使う場合はこんな感じになります!

突然ですが、身長150cmしかない私。

ワンポールテントを1人で設営する時に、インナーテントをたてた後、フライシートを1人でかぶせる事ができず、ジタバタとジャンプしたりしてました…

↓こんな感じで途方にくれる時が…

ワンポールテントのたて方のコツ

何度かやっているうちに、インナーテントを立てる前にフライシートをかぶせてしまえばいいんだ!ということに気づきました。

この方法なら、簡単に設営できて1人でサクッとたてられるので、女性1人で設営する時におすすめです!

ワンポールテントを1人でたてるコツ

ワンポールテントを1人でたてるコツを動画で説明

(チャンネル登録ポチッとしてくれたら嬉しいです!)

動画は2.5倍速にしてあるので、1人でだいたい10分前後で設営できました!

この設営のしかたなら、身長の低い、か弱い!?女性でも1人でたてられます。

ポイントはフライシートの向き。間違えるとまたやり直しになるので気をつけてみてくださいね。

ワンポールテントを1人でたてるコツを画像で説明

ワンポールテントのたて方のコツ

1.まずインナーテントを広げてペグ打ちします。対角線上に引っ張りながらシワが寄らないようにペグを打つのがポイントです。

ワンポールテントのたて方のコツ

2.次に、フライシートをかぶせ、インナーテントと同じペグにかけていきます。

※この時、コールマンの赤いロゴが、正面から見て左側にくるように、向きに気をつけてください!

(画像がこれしかなくてすみません…。)向き大事です!

ワンポールテントのたて方のコツ

3.ポールを入れて立ち上げます。

フライシートとインナーテント一緒になのでちょっと力がいりますが、女性1人でもたてられました。

ワンポールテントのたて方のコツ

4.インナーテントのサイドについている黄色いエンドピンに雨除け用のポールを取り付け、フライシートのアジャスターテープでポールを固定します。

ワンポールテントのたて方のコツ

5.フロント部分と後ろ部分の雨除け用フライシートにペグを打てばOK!

※風が強い時はフライシートもガイロープで張った方が良さそうです。

ワンポールテントを1人でたたむ時のコツ

1人で片付ける時のコツは、ポールを先に抜き、ペグを一気に外さないで片側ずつ外してたたんでいくのがポイントです。

ワンポールテントのたたみ方

こんな感じで、半分に折ってまたペグにはめておけば、汚れている時は雑巾などで拭く事もできます。

ワンポールテントのたたみ方

ペグを利用しながら、1人でもキレイにたたむ事ができます。

ワンポールテントを使っている方、ぜひやってみてくださいね!

\人気商品が日替わりで毎日タイムセール実施中/
Amazonで探す
\人気商品が日替わりで毎日タイムセール実施中/
Amazonで探す
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次